刺激ではなく安心できる熟女と出会いたいなら未亡人がおすすめ

未亡人のKと熟女出会い系サイトで関係を持つようになってからしばらくするとどこかホテルに行ってエッチをするのではなく、Kの家にまで行ってエッチをしたりするようになりました。
そして、週末にはKの家に宿泊したりすることもあります。

特にKの場合は、排卵日が近くなると私を家に呼び出してエッチをするようになりました。
女性というのは排卵日が近づいてくるとだんだん性欲が強くなるという人もいるそうですが、まさにKがそれでした。
もちろん排卵日間近ではない時にもエッチをすることはあるのですが、排卵日が近くなったらKのほうからエッチを迫ってきます。
自分からエッチを迫るよりも、女性のほうからエッチをねだられる方が男性としては興奮をしますよね。

出会ったばかりの頃は、Kはエッチに対して自分からねだってくるということはなかったのですが、それだけ私を心許せる存在だと感じてくれているのかもしれません。
今振り返ってみると、まさかここまで性に対しての欲求が強いとは思っていませんでしたが、嬉しい誤算です。

熟女出会い系サイトを利用する場合、メールテクニックももちろん大切だと思いますが、未亡人を相手にしている場合、他の女性で通用するメールテクニックの効果がなかったりするということも多いです。
ですから、熟女出会い系サイトではメールテクニックも大切ですが、いかに男性としての魅力を伝えることができるかが大切になるのではないかと思います。
未亡人と実際に関係を持って感じたことなのですが、未亡人というのは割り切った関係というよりも恋愛のように甘い関係になりたいと思っている人が多いように思えます。

私の場合は、まるで若い二人が恋人になって、そのままセックスをしているような感覚になりました。
なので、自分のほうからも女性を求めますし、女性のほうからも私を求めてくれています。
それに母性本能があるからなのか、甘えさせてくれるというのもとても良いですね。
同じくらいの年齢だとどうしても甘えるのは抵抗を感じるものですが、熟女だと安心して甘えられると思います。

人妻と関係を持った場合は、誰にも知られずに関係を持つように心がけるため、刺激を感じることができるのですが、未亡人との関係というのはなんだか安心感を感じることができるのが魅力なのではないかと思います。
ですから、安心できる女性との出会いを見つけたいという人に未亡人の熟女というのは相性がいいのではないかと思います。
逆に熟女との関係に対して刺激を求めているのであれば、未亡人との関係は相性が悪いといえるかもしれません。

関連記事はコチラ♪